SELF-CONFIDENCE

重度の大人ニキビをきっかけに学んだたくさんのこと

私のニキビ治療(ディフェリンゲル編)

今やニキビ治療には当たり前の存在の

ディフェリンゲル。

ニキビで皮膚科へ行かれた方は、ディフェリンを使用した方も多いのではないでしょうか。

 

こちらのサイトにディフェリンゲルについて詳しく記載されています。

www.differin-gel.info

 

結論から言いますと、私には合いませんでした。

私は、2015年9月から12月までの3ヶ月程の使用でした。

 

何より副作用が辛かったです。

ディフェリンを使用するなら避けては通れない副作用。

乾燥、ヒリヒリ感、赤み、などなど、、、

積極的に剥がす作用の薬なので、たちまち敏感肌になってしまいました。

一番辛かったのが、毎日とてつもない勢いで新しいニキビが増えたことでした。

 

 

こちらが使用開始頃

f:id:kiiizuuha:20170705163115j:image

 

そして12月

 f:id:kiiizuuha:20170705163124j:image

 

赤く炎症したニキビが増えてしまいました。

 

この時期を耐え抜けば、もしかしたらニキビは改善したのかもしれませんが、

日々増え続けるニキビに私は耐え続けることができませんでした。

この頃が一番精神的に参ってしまい、誰にも会えませんでした。

仕事中もずっとマスクをしていました。

 

注意書きにも書いていますし、医者からも説明があると思いますが、

ディフェリンは妊娠中は使用してはいけないんですよね。

それほど強い薬ということです。

 

 

でも、このディフェリンゲルは

合う人はびっくりするくらいすぐ治るらしいですし、

軽傷の方など部分的にポイントで使用するにはいいかもしれません。

 

私の経験上と体験談など読んだり、友人の話など聞く限りですが、

慢性化してしまったニキビに悩まれている方は

慎重に検討されることをオススメします。

 

使用を始めるとかなりの確率で副作用に悩まれるかと思います。

そして一度ニキビが増える時期がきます。

ニキビが落ち着いてからもリバウンドし、

以前よりも悪化してしまったという口コミもあります。

私自身、ディフェリンでは治りませんでした。

 f:id:kiiizuuha:20170705163124j:image

 

薬はあくまで対症療法で、根治治療ではないからです。

無理やり薬で症状を押さえ込んでいるだけで、その場しのぎだと思いませんか。

 

本来肌は排泄機能であり、何かを塗る方が不自然。

かさぶただって、いろいろ塗ったり貼るよりも

何もしないほうが一番早く直ったりしませんか。

 

 

でも薬はどうしてもという救急の場合や、

応急処置に使うには素晴らしいものだと思います。

しかし薬には必ず副作用があります。

それを考えた上でうまく付き合いたいですね。

 

 

薬に頼らない体を目指したいですね。

 

睡眠がお肌にはいいというけれども

寝る直前までスマホを触ってしまう癖が

なかなか直らないわたし。

引きこもる生活になってから、

なおさら一日中ケータイばかり触って悪循環に…。

 

でも。

これ、

美には悪でしかない習慣!!!!!!!

自律神経と健康は切っても切り離せない関係!

 

 

はい。

私今日から辞めます。

いつも決めても

結局ダラダラ触ってしまうので。

ここで断言します!笑

 

寝る1時間前はスマホを触らない

寝る1時間前から蛍光灯決して関節照明で過ごす。

ゆったりした気持ちで過ごす。

12時までには寝る。

7時に起床。

そしてすぐカーテン開けて日光に当たる。

 

この生活を続けてみます!

 

どんな変化が起こっていくかなー、、、

私が仕事を辞めた理由

私はこれまで、臨床工学技士として働いていました。

臨床工学技士は医療国家資格なのですが、

まだ歴史も浅く、知名度もそこまで高くはないので

知らない人も多いのではないかと思います。

検索結果

 
 
臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。 病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。 また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

臨床工学技士は、

総合病院、循環器の病院、透析クリニック等で働いていることが多いです。

私はこれまで、2つの施設で働いてきました。

ひとつめは、循環器の病院。

ふたつめは、透析クリニックでした。

どちらもいい経験になりましたが、

患者さんと深く関われる透析クリニックでは本当にたくさんの素晴らしい学びがありました。

 

私は社会人になったタイミングで凄く体調を崩しました。

肌荒れも社会人になって一気に出てきたし、

お腹の調子、婦人科系の悩み、睡眠状態、疲れやすさ、、、

全てが一気に、でした。

精神面の影響もあるのかもしれないですが、

自分ではストレスはそこまで感じていませんでした。

むしろ肌荒れ自体が最大のストレスでした笑

初めはどの症状もあまり気にせず、

とりあえず薬飲んどこうと言う感じで過ごしていました。

でも全く改善せず、むしろ悪化していきました。

そしてようやく自分の体調と向き合うために色々調べて、

改善に向けて動くうちに、色々な出会いもあり、

本当の健康について考えるようになりました。

世の中に溢れていること。危険なこともたくさんあります。

健康になるために始めたことだって、自分の体質に合わなかったら

むしろ逆効果になってしまったりします。

自分が健康になって、それを人に伝えれるようになりたいと思いました。

 

 

透析クリニックの患者さんは、1度に4時間程の透析を受けに、

週に何回も透析をしにクリニックへ通っています。

最近は綺麗な施設もどんどん増えて以前より過ごしやすくはなっていると思います。

でも、4時間の透析を週に何回も受けて、毎日大量のお薬を飲む。

計り知れないストレスです。

もしもこれがなくせるなら、どんなにいいか。

もしも未病を防ぎ、腎不全になる前に改善できたなら、

どれだけ素晴らしいか。

 

どんどんそんなふうに思うようになっていきました。

まずは自分自身を健康に。

でも間違いなく、どんどんよくなってます。

薬や機械に頼らない、自分の力で自分を健康にする。

 

私がいつか必ずやりたいこと。

その人に合う本当の健康を伝える。

体と心両方の健康。

発信していけるようになりたいです。

なる!!!!!!

 

 

みんな体質は違う。

そして毎日体調は変わる。

 

日々勉強ですね。

 

 

 

 

東洋医学との出会い

 私はあるときから、

ニキビ治療にお金を使い過ぎるのはやめようと決めました。

これまで月に15万以上つかってきましたが、

今では、一ヶ月に使う美容代金は3万円程度です。

 

その理由は、

これまで高額な積極的なケア(ピーリングやレーザーやいろいろ)

をしてきて、結局治らなかったという点と、

東洋医学との出会い

この2つです。

 

 

私が東洋医学に出会ったのは、

鍼灸院に行ったのがきっかけでした。

 

最近では、美容鍼なども流行っていますよね。

鍼灸院へ通っている方達も多いのではないでしょうか

 

 

私が初めて鍼灸を受けたのは丁度1年前くらい。

きっかけは、

高校時代の友達が鍼灸師で、

私は肌の悩みを相談してみたのです。

 

当時、

皮膚科通いまくりの

スキンケアジプシーで

いろんなもの使いまくっていて

さらにピルも服用していた私。

 

もう、いろいろやりすぎて

何が正解かわからない状態。

 

 

そんな私に対して友達は、

 

「1回全部辞めたら?」

「ピル辞めた方がいいよ」

「体質整ってたら、ニキビ跡なんかできへんよ」

「体質改善した方がいいよ」

と言ったのです。

 

そして

鍼灸院へ行ってみることを決意。

 

 

これまで私が行ってきた皮膚科では

①肌を見る

②当然のように塗り薬や飲み薬を渡される

③先生「これで様子見て見てください」

④また皮膚科へ行く

⑤違う薬を渡される

⑥先生「これで様子を見てください」

この繰り返しでした。

 

めちゃくちゃ診察待って、

診察時間5分以内に終了。

みたいな。

 

 

ひどいとこでは、

「ニキビは体質なんで治りません」

「諦めてください」と。

 

こんな傷つく言葉を発する医者にも出会いました。

ありえないですよね。

 

 

 もう皮膚科にうんざりしてたんです。

(全ての皮膚科を否定しているわけでは決してありません。)

 

 

 

 

初めての鍼灸院で思ったこと。

 

診察時間が、

とても長い&丁寧。

 

 

 

まず始めに、問診票に記入するのですが、

そんなことまで聞くの!?

ってことまで記入します。

 

 

尿の回数とか、

寝てる時に夢を見るか

とか。

 

 

そしていざ診察へ。

 

 言われたことは、

「体に問題があるからニキビとなって出るのです」

「顔と体は繋がっているんですよ」

「体が治ると、肌も綺麗になりますよ」

「まず体を治すことから始めましょう」

 

これまで、

ニキビができる=肌自体に原因がある

と思い続けていた私にとっては

ただただ驚きの連続でした。

 

 

それ肌と何が関係あるん?

ってことも体質を見る上でとても重要なことらしいです。

 

 

 西洋医学では、

「症状を見て、その症状に合う薬を処方する」

ですよね。

例えば、

頭が痛いというAさんがいます。

頭が痛い=痛み止め処方

といった感じで鎮痛剤が処方されます。

他にもBさんCさんも頭痛で来院しました。

この2人にも鎮痛剤が処方されました。

西洋医学は、

頭が痛い=頭自体に原因がある

というような考え方。

 

 

それに対して東洋医学では

頭が痛いというAさんがいました。

Bさん、Cさんも頭が痛いと言ってます。

でも、3人とも体質は違うから治療内容もバラバラ

その人の体質に合わせた治療をしないと

逆に悪化させてしまうという考えです。

頭が痛いからといって頭自体に原因があるわけではない。

 

気・血・水のバランスで体は成り立っていて、

そのバランスが崩れることによって症状が出て、病気になる、

という考え方なんですね。

 

 

西洋医学は部分的に診るのに対して

東洋医学は全身で診る。

 

気・血・水のバランスを整えることで自然と全身の調子が良くなっていく

だから未病を防げる。

 

 

初めての鍼灸体験は、

びっくり仰天の連続でした。

 

分かりにくい説明ですいません。

また、詳しく書いて行きますね!

 

 

私はなんども西洋医学に助けられていますし、

どちらの方がいい悪いないとは思いますが、

東洋医学と出会って、

どんどんその魅力にはまっていきました。

そしてそれは今も変わりません^ ^

 

 

何かに依存せず、自分の力で元気になる。

素敵なことだと思いませんか。

 

 

私が肌も心もボロボロだった時に勇気付けられた1冊

私が、肌はもちろん、

精神も病みまくりだったとき、 

 

 

とても元気付けられていた1冊。

 

 

服部みれいさんの、「新しい自分になる本」

SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる本

SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる本

 

 

服部みれいさんは、

マーマーマガジンという雑誌の編集長の方で、

今ではとても有名で人気の方ですが

すごくボロボロだった時期があったみたいで。

 

この本は、ご自身の悩んだ経験や体調不良の経験から、

実際にみれいさんがいろいろ試して、

その中で本当に良かったことたちが

ギュッとまとめられています。

 

それが、

ホリスティックなことばかりで。

無理がないというか、

やっぱり人間が求めていることは自然なんだなって

すんなり入ってくるんです。

すっと理解できるというか。

体への思いやりが溢れていて、

やっぱり不自然って違うなあ。

自然バンザイ!!!!

そう思わせてもらえる内容です。

 

 

あたたかい気持ちになるというか、

この方の文章は読んでいて

とっても優しい気持ちになる。

 

自分をもっと大切にしなくちゃ

そして周りの人たちも、もっと大切にしよう

って改めて思わせてくれる本です。

 

定期的に読み返している1冊です。

 

 

あ。元気ないかも。

って時とかに読み返して、

パワーもらってます。

 

しかも。

なぜかそういうタイミングでこの本が出てくるのです!

 

落ち込むことがあった日とかに、

掃除をしていて

パッと本を手に取ると

たまたまこの本だったりとか。

 

そしてついつい読み返していくうちに

元気になったりする。

今では私にとってこの本は、

 

パワースポットならぬ

パワー本。

(笑)

 

 

でも。

みれいさんがこの本で紹介してくれている

「本当に良かったことたち」

私はまだ全ては試せていないので

ゆっくり試していきたいなあと思っています☆

 

 

 その感想とかもこれから紹介できたらいいなあ♪

 

 

 

 みなさんにとって、

これを読むと元気がでる

そんな1冊はなにですか(^ω^)?

 

ぜひ教えて欲しいです☆

 

 

大人ニキビピーク期にやっていたこと

私が一番ニキビ地獄に苦しんでいたころ、

(下記記事参照ください)

 

kiiizuuha.hatenablog.jp

 

ひたすら家と仕事のみの往復で引きこもってました。

 

外出するときは必ずマスク着用していました。

 

本当はマスクって刺激になってしまうし、

衛生的にもお肌によくないんですよね。

 

でも、瞬時に顔を隠してくれるマスクには

お礼を何回言っても足りないくらいにお世話になりました!!!

 

日本に伊達マスクの文化があって助かったー。

 

これ、ニキビに悩んでる人だったら

きっと分かってくれますよね・・・?

 

 

 

そんな私のストレス発散法はというと。

 

1 本を読む

2 映画を見まくる

3 音楽を聴く

4 料理をしてみる

5 心を許している人には会う

 

 この5つでした。

  

 

1 本を読む

心が弱りまくってた私はとにかく自己啓発本が大好きでした笑

前向きな気持ちになれそうな本を読んでました。

そな中でも特に出会えてよかったと思える本をまた紹介しますね!

 

2  映画を見まくる

暇さえあれば鏡をみて泣きまくってた私は、

少しでも悩む時間を減らしたくて仕事から帰ってから、

毎晩映画を借りて見ていた時期があります。

当時住んでた家から徒歩1分のところにTSUTAYAがあり、

本当お世話になりました。笑

かなりの常連だった自信があります笑笑

でもこのおかげで素敵な映画にたくさん出会えました。

映画もまた紹介していきます☆

 

3 音楽を聴く

私は元々、音楽を聴くのが大好きでした。

好きなアーティストのライブは一人でも行くくらい好きなのです。

私にとって一年で1番大事なイベントといえば

間違いなく野外音楽フェスでございます!

そうです。日焼けしまくりのお肌にとって最悪の環境!

肌が荒れてからはあまりライブとかは昔より行けなくなったけど

それでもなかなか来日しない海外アーティストが来た時は行くようにしてました!

 

 

4  料理をしてみる

 昔はなにも気にせず美味しそうだと思ったものを

食べまくっていましたが、体質に悩むようになってからは

添加物など、食べ物の質を気にするようになりました。

野菜をたくさん食べようとか、味を濃くしすぎないようにしようとか

意識するようになりました。

食事はすぐ目に見えて効果がでるものではないですが、

知識は必ず無駄にはなりません。

内臓があってこその体。

やはり腸は本当に大事だと思います。

 

 

5  心を許してる人には会う(これが1番重要かも!)

引きこもりまくってた時期(今もですが。。。)

 小学校からの友達だけには会ってました。

夜暗くなってから近くを散歩したり、たわいもない話をするだけでも心が救われます。

誰か1人でもいいから、打ち明けれる人がいた方が気持ちは軽くなると思います。

家族でもいいし、友達でもいいし、お付き合いしてる人、

どれにも当てはまらないこれ以外の存在でも、

話せる存在が一人、たった一人いるだけで全然違います。

もしこれを読んでくれているあなたが殻に閉じこもってしまっているなら

私でよければ聞かせてください。

とにかく、一人っきりで悩んで欲しくないです。

いつでもコメントしてくださいね。

一緒に頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今やっていることと始めたいこと

現在

1 鍼灸

2 漢方

3 食事の見直し

4 スキンケア

5 たまにヨガ

 

 

これからさらにプラスしたいこと

1 良質な睡眠をとる

2 呼吸法を取り入れる

3 マインドフルネス

4 アフォメーションの習慣

5 ストレッチ、ヨガも習慣に

 

全部お金がかからないこと♫♫♫

 

正直、今は漢方の効果も感じてなくって・・・

漢方もやめる方向にシフトしていきたいのです。

 

 

 

スキンケアは、

2年間でもっとも期待できそうなものに

出会えた予感がしてるので

とにかく1年は使い続けたいと思ってます。

今はまだ2ヶ月ほどしか使ってなく、

悪い宣伝は絶対にしたくないので、

良い効果が出始めたら、

商品の名前も公開しますね!